(前回まで)単身赴任先、パチスロで作った家族に内緒の借金は限度額の160万に。
行き詰った主人公は、過去返済した金融業者に過払い金を請求することを思いつく。
一晩かけ請求書類を作成したネットカフェを出る頃には
すでに残金は5千円を切っていた。

スポンサードリンク

 

 

 

(続く)

読んでくださりありがとうございました!

次回もよろしくお願いします。

【Twitter】いいねや拡散お願いします。

【予告その1】

【予告その2】

←前の話 全話一覧 次の話→

2 コメント

  1. 「つい」なんてことが~
    ここまで理論的に考えられて
    なぜ避ける事が出来ないんだろう。
    自分も食べる事の問題があるので
    身にしみました。

    まり
  2. この漫画の『「つい」なんてことが在り得るだろうか』の部分をスクショして待ち受けにして毎日見る状況にしてから、無駄食いと無駄買いとソシャゲ課金がストップしてるんです
    ナツジさんの本来の狙いとは違うかもしれませんが、個人的にオススメです

    使い方嫌でしたらごめんなさい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。