読切「無人契約箱の中で」

一時期より数は減ったものの、どの街にもある謎の無機質な箱。

あの中でのやり取り、ご存知ですか?「箱」の中身を紹介します。

02040308011402
08011401
BlogPaint

m10000m70

m80
m90

m100

m110
m120
m130
m140
m150
m160

読んでくださりありがとうございました。

無人契約機の情報は作者の10年前の経験をもとに描いたものですので
現在は状況が変わっている場合もございます。

この物語はフィクションであり
登場する人物・場所・団体名などは
実在するものとは一切関係がありません。

読んでくださりありがとうございました。

 

免責

無人契約機(むじんけいやくき)
ひと昔前まで街中いたるところに無人契約コーナーがありました。
「誰にも会わずにカードができる」がウリですが、実際は画面通して
文章でオペレーターとやり取りをし、必要あれば電話でのやり取りも発生します。
もちろん審査は機械ではなく人間が行うし、店舗での申し込みと審査基準は変わらないようです。

3(0)

今回の作品の
Twitter反響はこちら↓

 

7 コメント

  1. あの役物すごいよねー。
    書類を吸い込んで読み取る機械とか
    カネかけすぎでしょ。
    散々ドキドキして審査が通らんときは
    中でタバコ吸ったろうかと思ったわ。
    あっ、何だっけ?節分?
    豆まきしたかー。

    ピロ屋
  2. 花火師さんおはようございます。
    先日市役所に行って1時間半ほど待たされた時に、無人契約機のシステム導入したらいいのに、って思いました。書類記入して提出してから、なんでこんなに待たされるのか。無人くんだったら書類のスキャンから自動で行うし、審査無ければ15分も待たせないですよ。
    まあそういう時思い出すのが全部借金関係のことなんですよね。情けない。

    ナツジ
  3. ピロ屋さんおはようございます。
    60分待たされて「お帰り下さい」になった時さすがに文句言おうと受話器とって電話したら「いかがなさいましたー?」ってオペレーター出たことあります。向こうも慣れっこですね。
    役物は業者によって違いましたが、金かかってましたねー。その何倍も取るわけですけど。今は申し込むとスマホに「身分証撮影アプリ」が送られてくるんですよ。知ってました?
    豆まきしましたよー。ちゃんと年齢分の豆28粒食べました。

    ナツジ
  4. こんにちは!
    私はギャンブルはしないのですが、ギャンブルに依存する脳の構造が知りたくて、いろんな意見を読ませていただいて、参考にさせてもらっています。
    最近、発達障害の息子の指導する先生が、脳の話ならなった時、島という脳の原始的部分の話をされ、ギャンブル依存症と関係あると聞き、とても興味を持ちました。
    ここは生命に関係する部分に関係して、食に対して発達障害の息子にも関係ある部分だそうです。
    息子は食事が非常苦手で、
    好きな食べ物があまりありません。口が敏感で、食べることが不快感があるのです。
    生まれてから、何も食べなくても平気な時間が長くて、とても苦労しました。
    ですので.8歳ですが、見た目は5歳ぐらいに見えます。
    給食が始まり苦労してるのですが、
    この子に学校が給食を無理やり食べさせて、ウェッとなるときも生命に関係する島に影響が行くそうで、脳に不快感が刻み込まれるそうです。無理をさせると一生食べれない子もいるそうで、昔の居残り給食はとても良くないそうです。
    ギャンブルの場合は快感なんでしょうね。
    だから、理屈で辞めれるものではないんでしょうね。
    それを理解したうえで、話さないと精神論になってしまうんだよねって思いました。ギャンブルも、うちの息子も。

    ミツ
  5. ミツさんありがとうございます。読んでて涙出ました。
    このコメントの返事はとてもとても悩みまして、何度も挑戦したのですがうまく書けません。スルーして当り障りのない返答しておこうかとも思いましたが、それもできないものですね。いつかこのことについて書きたいと思います。
    とにかくミツさんありがとうございます!

    ナツジ
  6. こんばんは、ミツです。
    お返事ありがとうございます。経験の浅い私にはナツジさんの涙がなんなのか、私には到底見当が付きませんが、ぜひまたブログのぞかせていただきます。(^^)
    大学時代に心理学を学び、非常に興味を持ち、アドラー心理学なども勉強しましたが、人を理解する時、最近一番自分の経験と、実体験でしっくりくるのが脳科学になっています。
    よく言われる痛い目を見れば懲りるというのは、一時的なもので、その脳自体が快感を覚えているので、そんな単純なものでもないしいです。
    言い方悪くて申し訳ないのですが、ドラックと同じようなもので、脳の信号すらも変えてしまうんだなって思っています。
    ナツジさんの漫画を読んで、とても分かりやすくて、借金を重ねる気持ちがものすごくストンっと入ってきました。
    こんな考え方をしているのか。。こんなに苦しんでるのか。と驚くばかりです。そして社会人で、会社でもっと難しいことを考えている方が、ギャンブルになると、急に運にすべてをかけてしまうのが本当に驚きです。
    それだけ怖いものが町中にあふれている日本がおかしいとおもうし、、みんなゲームとか趣味のようにお金を使っているのが不思議でなりません。あまりにも気軽すぎます。
    それなのに、うちの町はスーパーなどがつぶれるたびにパチンコができます。。。一体何件のパチンコ屋さんが駅前にあるか。
    この漫画を見て、救われている方、絶対いると思います!コメントとか残さなくても。
    ブログだけではなく、漫画というとても入りやすいコンテンツで、ご自身の気持ちの吐露、そしてみんなを励まし、警告をなさっているナツジさん、とても尊敬しています。
    これからも応援しています。
    そしてこの漫画で、パチンコに依存してしまう(してしまった)方を、少しでも理解してくださる方が増えることを願っています。
    長文失礼しました。おやすみなさい~

    ミツ
  7. ミツさんありがとうございます。
    僕も「ギャンブル依存症」という物が知りたく、何か勉強できないかと思い「メンタルヘルスケア・マネジメント検定」という資格を取りました。まああまり内容は関係なかったですけど。ただそれがきっかけとなり、いくつかサイトや本を読み漁りました。
    もうパチスロやめたわけですが、やめたからこそ知っといた方が良いと思ったのです。もう繰り返したくないですからね。
    しかし自分を依存症だと認めるまではかなり時間がかかりました。違う、僕のはそんなんじゃなくて、いつでも止められる人間なんだよ、って。なんで否定したくなるんですかね。きっと、誰しも「依存症患者」をさげずんで見てるからなのでしょう。だから自分は違うと言い張るのですよね。
    さっき「もうパチスロはやめた」と書きましたが、そうやって人生で3回借金してきた人間です。今度こそ足を洗いたくて、今の気持ちを忘れないようにマンガを描くことを思いつきました。だから誰かの為ではないんですよね、厳密に言えば。でも、副産物として誰かがこのマンガに救われるのなら、それは嬉しいことだと思います。
    ということでこれからも描き続けますので、どうぞひとつ、よろしくお願いいたします。
    暖かいお言葉ありがとうございました!!

    ナツジ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。